アンチエイジングにはコラーゲン生成はカギ!

女性が寝転がっている
加齢とともに顔のシワやシミ、たるみ、毛穴など様々な肌トラブルが気になってきます。
老化を防ぐことは不可能ですが、「できるだけ若いころのままの肌状態をキープしたい」と誰もが望むところではないでしょうか。

そこでキーワードになってくるのが、「アンチエイジング」です。

美容に興味がある人なら、一度は耳にしたことがある「アンチエイジング」ですが、具体的にどうすればよいのでしょうか。
「何歳になってもキレイな肌でいたい」そんな声に答えます。

アンチエイジングとは

アンチエイジングを日本語で直訳すると、「抗老化」「抗加齢」です。
人間は、産まれてから死に至るまで衰退をしていく生き物です。そのプロセスを老化と呼びますが、アンチエイジングは、老化を止めることではなく、流れを緩やかにしていくという考え方です。

コラーゲン生成が老化を緩やかにする

アンチエイジングを活発にするには、普段の食事や睡眠、運動、スキンケアなどを見直す必要がありますが、老化とともに大きく減少してくるのが、コラーゲンです。

コラーゲンは20代をピークに、どんどん減少していきます。コラーゲンの生成力は40代には20代の半分以下にまで減少し、50代では三分の一ほどになります。

量だけでなく、質も低下するため、肌表面の皮膚を支えられなくなり、たるみやシワ、毛穴などの肌トラブルの原因になります。
そのためコラーゲンを活性化させることが、若返りのキーワードの一つとなるのです。

コラーゲン生成を活発にするBBL

アンチエイジングでポイントになる、コラーゲンですが、生活習慣を見直す以外にも増やす方法があります。それが、BBL(ブロードバンドハンドライト)です。

コラーゲンが生成されているのは、お肌の深層部分ですが、BBLの光熱は肌の表面と深層部分の両方に作用があります。そのため深層部分の真皮層まで光を届け、コラーゲンが生成されるのを活発にしてくれるというワケです!