年齢とともに肌のターンオーバーも遅くなる?

女性の背中
年齢とともに肌のターンオーバーが遅くなるって聞いたことありますか?
じつは一般的に言われている「ターンオーバーは28周期」というのは、20代をピークにどんどん周期が遅くなっていきます。

紫外線やスキンケア不足でダメージを負った肌は、ターンオーバーの過程で古くなった細胞や角質を排除しています。そのため、ターンオーバーが遅くなってしまうと肌の回復が遅くなり、メラニンなども排除が間に合わず、シミやそばかす、色素沈着といった肌トラブルを招いてしまいます。

肌のターンオーバーの仕組みを理解して、美肌づくりを目指しましょう!

年代別の肌のターンオーバーが知りたい

 

年代 周期
20代 28日程度
30代 40日程度
40代 55日程度
50代 75日程度

20代と50代では、周期の開きが大きいことが分かります。
理想とされる「28日周期」を目指して、日頃のスキンケアや生活習慣を見直しましょう

では、ターンオーバーの周期の乱れはどうやって気づくことができるのでしょうか。
下記から症状をチェック!

こんな肌悩みありませんか?

・シミやそばかすが増えた
・角質ができる
・色素沈着が治らない
・傷がいつまでも治らない
・肌表面が硬い

上記のような肌悩みに該当すれば、ターンオーバーが遅くなっている可能性大です。
紫外線を浴びた肌はメラニンを生成します。メラニンは肌の生まれ変わりの過程で外へ排出されますが、ターンオーバーが遅くなるとメラニンが上手く排出されず、どんどん蓄積していきます。蓄積されたメラニンがシミやそばかす、色素沈着として肌表面に残ってしまいます。

意外と知らない!ターンオーバーが早くなるトラブル

肌のターンオーバーが遅くなることばかり着目されがちですが、意外に多いのが逆に早まってしまうというパターン。
十分に出来上がっていない肌が表面に現れるため、皮膚自体も薄く乾燥しがちです。
肌のバリア機能も弱まっているため、外部からの刺激に抵抗する力が少なく、ニキビや炎症などの肌トラブルを招いてしまいます。

肌のターンオーバーは、遅くても早くても肌トラブルの原因になります
生活習慣の見直しと日頃のスキンケアを見直し、28日周期を目指しましょう!